2006年11月27日

新庄は任意引退選手ではなく自由契約

日本ハムが新庄選手を任意引退選手ではなく自由契約にすると発表した

何とも粋な計らいだ

どういう事かというと任意引退のままだと引退しても保有権が日本ハムにあり万が一現役復帰する場合日本ハムが最初に契約の窓口になる

自由契約の場合は完全に保有権がなくなる為、来期どの球団との交渉も出来る

もちろん日本ハムとしてもまさか来期現役復帰するとは思っていないようだが何をするか分からないサプライズ満載の新庄選手の為に自由契約にしたようだ

これで来期巨人入りなんて事になったらヒンシュクだろうが四国独立リーグや欽ちゃん球団に入りでもしたらまた株が上がるだろう。
posted by yuki at 10:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。